副業はお金だけじゃない!本業のスキルを伸ばすためにある

投稿者: | 2018-11-27

キャリアを積むイメージのビジネスマン

副業の選び方が分からない人や、副業でスキルアップしたい人向けの記事です。

政府が副業を推進する時代になり、副業を始める人が増えています。しかし、具体的な副業の選び方やメリットが分からず、副業をためらっている人も少なくないようです。

そもそもあなたは、「副業は本業とまったく別のもの」と切り離して考えていないでしょうか?もちろんこれは個人の考え方に左右されるものですが、本記事では、「副業を本業と分け過ぎて考えない」ことをおすすめしています。

なぜなら、副業には本業にフィードアップできるというメリットがあるためです。副業によって本業でも通じるスキルアップができれば、単なるお金稼ぎにとどまらず、成長することができます。

今回は、お金だけではない新しい副業のあり方や、副業選びで失敗しないためのコツについて解説します。

 

副業はお金だけじゃない!本業のスキルを伸ばすためにある

あなたが副業を始めたい理由は何ですか?

まず、副業を「稼ぐ」目的として考えている人は多いと思います。しかし、せっかく時間と労力を費やして副業するのなら、お金だけでなく、成長(=スキルアップ)も目的として副業する方が、得られるものは断然多くなるはずです。

本業でスキルアップできているか?

アメリカの心理学者・マズローは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と説いています。これは簡単にいうと、人間には「自己実現の欲求」や「成長の欲求」があるということです。

仕事においても、スキルアップやキャリアップを通じて成長することを多くの人が願っています。しかし実際の職場では、本当にやりたい仕事のスキルアップにつながらない業務をしている、という状況が往々にしてあるものです。

本業では自分が伸ばしたいスキルだけ伸ばせるわけじゃない

理想は、本業でやりたい仕事をやり、伸ばしたいスキルを伸ばして、給料もアップする働き方をすることでしょう。でも、それができない職場も多いというのが現実です。たとえばこんな経験が、あなたにも当てはまりませんか?

プログラマーの事例

プログラミングスキルを伸ばしたいと思っている。実務では、社内の基盤管理やサーバーの保守、新入社員のパソコンのセッティング、HPのコーディング(HTML/CSS/JS等)などもやらされている。新しい技術に触れる機会が少ないため、スキルアップが難しいことに悩んでいる。

Webデザイナーの事例

イラストレーターとしてイラストを描く仕事をしながらスキルも伸ばしたいと思っている。実務では、HPのデザインやUIデザインなどをやらされ、本来やりたい仕事ができないことに悩んでいる。

営業マンの事例

企画職を希望していしたが、入社後に配属されたのは営業部門。営業やユーザー対応、クレーム処理などを日々やらされている。地道に営業マンとしての実績は上げているが、やはり企画職をやりたいと思っている。社内で企画部門への異動を希望するも、叶わずに悩んでいる。

マーケティング担当者の事例

企業のWeb担当者としてマーケティングスキルを極めたいと思っている。実務では、SEO対策として外注のライターに記事を発注し、原稿を回収したり、修正を依頼したりする作業に多くの時間を割いている。戦略の立案など、もっと企業の経営に直結する仕事がしたいと悩んでいる。

副業でスキルアップを叶えよう

もしもあなたが社内で上記の事例のような状況にあり、不満を抱えつつも、転職はしたくないと考えているなら、副業で自分の伸ばしたいスキルを伸ばすことを考えてみましょう。

実際に、副業をしている人の多くが「副業をすることで本業にフィードバックできている」と感じています。言い換えると、副業はお金だけではなく、本業のスキルを伸ばすためにあるのです。

スキルを磨ける場所としては、CrowdWorks
があります。CrowdWorksには、数百もの職種があり、様々なスキルアップの助けになる仕事が満載です