FXを1万円からスタートする時に気を付けるべき5つのポイント

投稿者: | 2018年10月27日

FXを1万円から始めた場合、大きな損失を出さないために気を付けるポイントは・・・

 

FXで大損しないためのポイント

FXで大損しないためのポイント経済指標カレンダーをチェックし、経済指標発表時前後はトレードはしない
→為替の流れ(上や下やら)が急激に変わったり、為替レートが大きく変動する可能性があるから

FXで大損しないためのポイントFXではしっかり損切りラインを決めて、ロスカット前に損切り
→ずるずる損失を大きくすると、いずれマージンコールやロスカットに!少量の損で次を狙う

FXで大損しないためのポイント損失が出たからといって、追加で資金を増やさない(入金)しない
→損失を埋めようと、追加入金して取引量を大きくするとさらに大損!なんてことも

FXで大損しないためのポイントァンダメンタルズチャート(テクニカル指標)を勉強する
→どこで損切りしたらいいか予測できるようになってくる(絶対ではないけど)

FXで大損しないためのポイント上がるか下がるか全く予測できない時はトレードしない
→ついつい常にポジポジ(ポジポジ病)してしまいたくなりますが、予測できない時は取引はしません

 

FXを何年もしてる専業で生き残っているトレーダーもそうですが、よくわからない(為替レートが上か下や予測できない)時は無理にトレードするべきではありません。

「何となく上」「何となく下」って、それ「ギャンブル」ですからね。

それよりは「1時間のローソク足も上だし、1日分のローソク足(=日足)も上だし、上の可能性が高そう!」って時だけ取引するなど、
ある程度自分なりの根拠がある時だけトレードしたほうが勝率が良くなるのは当然ですよね。

 

「損を出さない」ということは、トレーダーは何年も勉強してトレードしている上級者でも無理です!!

これは絶対です。

 

FXで大損しないためのポイント

 

どんなに凄腕トレーダーでも損失が出ることはあります!

しかし、上級者は「損失を小さく」する努力をするんですよね。

それが「ファンダメンタルズ」の勉強だったり、チャートのテクニカル指標の勉強だったり、そういうものを高めて日々勝率を上げるために全力を尽くしています。

初心者にFXの勉強に全力を尽くせ!なんてなかなか言えませんが、

FXで大損しないためのポイントチャートの動きが怪しい(なんか上に行くか、下に行くかわからない)

FXで大損しないためのポイント重要な経済指標の発表を控えている

FXで大損しないためのポイント政治情勢が不安定(今なら北朝鮮問題とか)

という時は、あまり積極的にトレードしないほうがいいでしょう。

トレードする時はしっかり「ここまで損失が出たら、損切りする!」と決めた上でトレードしたほうが損失を小さくすることができます。

ある程度FXに慣れてきたら「損失は小さく!勝率をいかに上げるか」を意識してトレードしてみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です