FX資金1万円で1万円以上損をすることがあるのか問題

投稿者: | 2018年10月27日

FXの損失って、何となく金額が多そうで怖いですよね~

 

レバレッジを最大の25倍にしたらどれだけの損になるのか・・・

ひょっとしてFX資金1万円で100万円も損失が出るのでは?なんて考えたらFXなんて始められないですよね~

でも、実際はFXを1万円から始めて1万円以上の損失が出ることはほぼありませんよ

ほぼないと言うのは「可能性は限りなく0に近いけど、絶対ではない」ということです。

どういうことなのか、1つ1つ紹介していきますね。

FXには「ロスカット」ルールがあるので、口座内のお金は基本0円にはならない

日本国内のFX会社では、「マージンコールやアラート機能」「ロスカット」という仕組みがあります。

 

これはFXをする人を守るための仕組みで、FX口座内のお金がある水準を超えると(=損失が大きくなると)と、FX口座内資金を「0」や「マイナス」になることから守るため、FX会社が「これ以上は無理ですよー」と通知が来たり(=マージンコール、アラート機能)、強制的に損失を確定する(=ロスカット)というもの。
※マージンコール(又はアラート機能やロスカットについては下記にも追記してます)

 

なので、一瞬(数秒~数分)にして為替レートが10円動いた!例えばドル円なら100円→110円になった!みたいな異常事態が起きなければ基本的に、事前にFX会社の方で損切りしてくれるんです。

 

なので、FXを1万円から始めて「マイナス100万になった!!」ということは、ほぼありえません。

 

ロスカットとは?

相場が考えていた方向と逆に動き、損失が大きくなり、証拠金維持率が一定の水準を下回った時にFX会社が強制的に損失を確定させることです。

 

この「一定の水準」はFX会社によって異なりますが、「証拠金維持率が50%」のFX会社が多いです。

 

ヒロセ通商では証拠金維持率の50%以下・・・ではありませんが「証拠金状況紹介欄」の左上に「ロスカット基準額」が表示されていたりします。

 

ロスカットとは、ロス(loss=損失)をカット(cut=切る)するという意味になります。

 

(ヒロセ通商の「証拠金状況紹介欄」の左上に「ロスカット基準額」画像)

 

マージンコールやアラート機能とは?

「このまま損失が増えるとロスカット(=FX会社による強制決済)されますよ~という通知のこと。

 

ただ、急激な為替レートの変動(数秒~数分間での大変動)の場合は、このマージンコールやアラート機能が機能しないままロスカットになることもありますので注意が必要。

 

この通知はメールで通知が来たり、FX口座にログインした際に「お知らせ」として表示されたりFX会社によって異なります。

 

実際に1万円でFXをスタートすると、どれぐらいの損失が出るのか

X資金1万円で取引した場合の損失額(ドル円で1,000通貨)

取引量/

レートの値幅

1銭

(1pips)

10銭

(10pips)

50銭

(50pips)

1円

(100pips)

1通貨 1円 10円 50円 100円
1,000通貨 10円 100円 500円 1,000円
1万通貨 100円 1,000円 5,000円 10,000円
10万通貨 1,000円 10,000円 50,000円 100,000円

※分かりやすいようにスプレッドは除外して計算してます。

※レバレッジ25倍

 

1,000通貨の取引で1円動けば「1,000円の損失」になりますし、急に為替レートが10円も動くことなんてかなり珍しいですが、10円動けば「1万円の損失」になります。

ただし、ドル円で1日で1円動くこともそんなに頻繁にはないです。(経済指標や要人発言によっては動くことはもちろんありますが)

でも、ポンド円のように為替レートがよく動く通貨では1円の変動は結構あります。

マイナーな通貨だと、経済状況的に何が起こるかわからないので(ストライキとか)初心者のうちは値動きは地味だけど堅実な「ドル円」がおすすめ

 

では、為替レートが大変動する時っていつ?

大きな為替レートの変動(要は各通貨ペアの値段が急激に、かつ大きく動くこと)はどんな時に起こるのでしょうか?

大きな変動ではどちらの動くかわからないことが多いので、事前に「変動するかもしれない!」という時はFXトレードはやめて、様子を見るのがおすすめ!

何となく「上がる!」「いや、下がる!」とFXトレードするのは、「ギャンブル」ですからね。

為替レートの大変動には事前に予測できる時と、できない時がある!

以下のことは「ファンダメンタルズ」と言われ、チャートと同じぐらい重要とされています。

ファンダメンタルズとは、各国の経済状況や政府の政策、地学リスクなど「経済を方向づける材料」を指しています。

そして、このファンダメンタルズによって、為替の動きの流れが代わったり、為替レート自体大きく動くことがあるのです。

 

事前に予測できるもの

経済指標について経済指標発表時(各FX会社の経済指標カレンダーに発表時間と重要度が掲載されています)

経済指標について要人発言(ニュースや経済指標カレンダーに掲載されている情報)

 

事前に予測できないもの

経済指標について要人発言(突発的なもの)

経済指標について地学リスク(自然災害やテロなどの重大な事件など)

経済指標について経済・政治に関する重要な問題勃発時(北朝鮮リスクや、ギリシャ問題など)

 

経済指標って何?

経済指標のどこを見ればいいかというと、

経済指標についてどの日時に

経済指標についてどの国(通貨)で

経済指標についてどれくらいの重要度の経済指標が発表され

経済指標について予想と結果を比べて良かったのか、悪かったのか

という、部分が見るべきポイントです。

基本的には経済指標の結果は予想より「良いか」、「悪いか」は発表されないとわかりません。

予想より悪い数字だったら、その国の通貨は大きく為替レートが下がる可能性もあります。
(もちろん、重要度によっては変化なし!ということもありますが)

さらに、経済指標の発表のある通貨を避けてトレードしても、通貨によっては影響を受けることもあるので基本的には経済指標発表前後のトレードは見送るか慎重になるべきですね。

 

要人発言について

要人発言とは各国のトップの発言、日本で言首相やアメリカでいう大統領の発言には注意が必要です。

 

他にも、普段あまり重要視することがないけど、FXではかなり重要な日銀総裁やアメリカで言うと連邦準備銀行総裁、ユーロだと欧州中央銀行総裁と経済に直接関係する発言をするこの人達の発言も重要視しておくべきです。

 

要人発言について知っておくべき現在の総裁達

要人発言について日銀総裁→黒田東彦

要人発言について連邦準備銀行総裁→ジャネット・イエレン

要人発言について欧州中央銀行総裁→マリオ・ドラギ

この人達の発言内容によってはその国の通貨のレートが大きく動くことがあります

 

しかし、残念ながら●日の●時に発表があると事前にわかる情報と、突発的に発言されることもあるので事前にわからない情報もあります。

何かわからないけど為替レートが動いた!という場合はこちらも注意しておくと良いでしょう。

 

地学リスクについて

日本で言う大規模な自然災害や地震により大きな被害が出た場合は為替レートにも影響が起こることがあります。

このことを「地学リスク」と言います。

 

■経済・政治に関する重要な問題勃発時

経済・政治に関する重要な問題勃発時北朝鮮のミサイル発射による国際的な影響

経済・政治に関する重要な問題勃発時イギリスのEU離脱の関する問題、

経済・政治に関する重要な問題勃発時リーマンショック

経済・政治に関する重要な問題勃発時ギリシャの経済問題

 

知ってることから知らないこともあると思いますが、これらの問題はいずれも為替レートにも影響を及ぼしてきました。

大体はFX口座を開設しておけば見られる「ニュース」でいち早く知ることはできますが、それらの問題がどれだけ通貨に影響があるかは、その国の経済状況や政府の政策など、背景もしっかり勉強しておく必要がありますね。

 

なので、初心者にはなかなか難しい部分になります。

為替レートの動きを予測するには

暴落のリスクがFXでは一番怖いチャート分析による「テクニカル指標」の使い分け

暴落のリスクがFXでは一番怖いファンダメンタルズを分析することで見えてくる、その国の未来の予測

大きく2つの要因で分析することになります。

 

両方とも勉強するのは大変な上に、トレーダーの性格もあって「ファンダメンタルズ分析中心のトレード」だったり「テクニカル指標を使ったチャート分析を主軸とするトレード」だったり、トレードスタイルは人それぞれ。

初心者の頃はなかなかピンときませんが、トレードをしていると「ああ、そういうことだったのか」と理解が広がっていきます。

とはいえ、初心者にはファンダメンタルズ分析はなかなか難しいので、最初の頃は事前にわかっている経済指標時や要人発言時のトレードは控えるのがおすすめ。

1回のトレードで大損することもありますからね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です