目標によって必要な資金は異なる

投稿者: | 2018年11月28日

資金に余裕があると有利な点

チャートを分析していくと、相場は常に上がっていったり、下がっていくだけでなく、上がったり、下がったりを繰り返していることに気が付きます。

現在のポジションも、中・長期的に見れば利益を生みだせるのですが、短期的には含み損となるケースはいくらでもあります。しかし資金に余裕がないと、そこまで待つことはできなくなります。

強いトレンドが発生した際にも、資金が足りないので買い増しができず、大きな利益をみすみす逃す結果にも繋がります。

ですから、千通貨で始める場合、レバレッジを5倍で設定したとして、資金は2万円ほど準備したいです。1万通貨であれば、レバレッジを5倍で設定して、20万円は必要だと考えるべきです。

 

もちろん、資金に余裕があっても、自分で決めた「損切り」のラインはしっかり守っていくことが大切です。

レバレッジが25倍であれば、もっと少ない資金でも、余剰資金が生まれますが、ハイリスク・ハイリターンなので、FX初心者はレバレッジ1倍や2倍から始めるのが基本になります。

FX初心者はどのくらいの資金から始めるべきなのか

実際のところ、どのくらいの資金で始めるのがベストなのかは、目標によって異なります。

例えば、1ヶ月で30万円利益を出したいということになると、そもそも千通貨では厳しいでしょう。ポジションが1lot(千通貨)だと、1円の変動で1,000円の利益しか生みません。

1万通貨で取引をし、かつレバレッジは25倍、ポジションが5lot(5万通貨)だとして、1円の変動で5万円の利益です。6円ほどの変動を正確に読みきれば30万円になります。この場合、証拠金は最低限25万円ほど必要です。

仮に余裕を持って50万円の資金だとして、30万円の利益となると、月利60%です。

月利200%を達成した話などもありますから、不可能ではないでしょう。ただし、ギャンブルトレードの範囲です。

 

ちなみに世界で最も勝率が高いといわれるウォーレン・バフェット氏の会社であっても、月利で計算すると2%未満です。これが安定して勝ち続けられる月利だとすると、毎月30万円の利益を生みだすには、資金は1,500万円となります。

少ない資金で冒険して、1ヶ月は勝って30万円の利益を出したとしても、残りの11ヶ月負けたら、1年間のトータルは大損です。

FX初心者はこの1回の勝ちばかりに注目し、その話を聞いて期待しますが、それではトータルで勝てないトレーダーになってしまいます。そして資金が底を尽き、退場せざるをえないことになるのです。

FX初心者に必要なのは、まずは現実的な目標設定になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です