アドセンスで月5万稼ぐためのノウハウ – GoogleAdsenseでの”お金の稼ぎ方”まとめ

今回はアドセンスで全く稼げていない人向けに月5万円稼ぐために知っておきたいノウハウをまとめました。

まずはCTR・CPCを知ること

まずは、以下の単位を頭に入れちゃいましょう。

CTR=クリック率
CPC=クリック単価

例えばCTR(クリック率)が1%・CPC(クリック単価)が30円ならば、100PVの見積もり収益は30円となります。

つまり、毎日1000PV稼げれば1ヶ月9000円になる計算ですね。

まずは月いくら稼ぐのか・どれくらいのPVが必要なのか、どれくらいの記事を増やしたらいいのかをしっかりとアクセス解析を見ながら考えてみましょう。

広告に完全マッチしたページは効果的!

ウェブサイトをしばらく運営していると「いつもこの種類の広告が表示されるな」という広告があるはずです。

広告内容とコンテンツが完全にマッチすると、クリック率を飛躍的に上げることが可能です。

自分のサイトでよく見る広告があるのならば広告に合わせたページを作成することで、ロングテールと同時にクリック率を上げることも可能です。

サイトに合った広告サイズを見極めよう!

特に狙いがないのならば基本的には

レクタングル(大)(336×280)
レクタングル(中)(300×250)
ワイドスカイスクレイパー(160×600)

の3つのユニットがクリック数を上げるために効果的です。

この3つはGoogleAdsecseの主力のバナーなので、なるべくはこの3つを使っておいた方がいいでしょう。

バナーの背景色はブログデザインに合わせる

バナーの背景色サイトの背景色はなるべくなら同系統にすべきです。

同色にすることによってバナーが浮かず、クリックしてくれるユーザーを少しだけ増やすことが可能です。

記事の間にうまく掲載してクリック率を上げること。

記事中にうまくアドセンスを入れることで、クリック率を少しだけ上げることができます。

ただし、あまり露骨にやりすぎるとユーザービリティが落ちるので注意。

しっかりと成果の解析をする。

ウェブサイトによってどんな広告タイプが成果を上げるのかは分かりません。

2週間単位で考えて広告デザインを変更したり、広告位置を変えて最も平均クリック数の高い配置にすることが大事です。

 

ロングテールか、単発アクセスを稼ぐのか

くさん記事が作れるジャンルを狙って、ロングテール記事(長い文章のコンテンツ)を作り、1日5000円を稼ぐサイトを1個作りたいのか。

ライバルのいないニッチなジャンルを狙って、1日500円を稼ぐサイトを10個作りたいのかを考えましょう。

一番よくないのは検索数の少ない浅いキーワードにこだわって、長い時間をかけて記事数を増やす作業です。

 

テキストリンクの色は青にすべき

GoogleAdsecseではリンク色やデザインカラーを変更できますが、基本色である青にしておいた方が統計的にクリック率は上がるそうです。

「リンクが青色=クリックできる」のは誰にでも分かりやすいですし、基本的にクリックしてくれるユーザーレベルに合わせたカラーにするべきです。

ただし、ウェブサイト全体のリンク色を変えている場合は、自分のサイトと同じ色にした方がクリック率が上がる場合も多いです。

 

最もクリックされる所に掲載しよう

基本的には左上から右下にかけて、広告の注目度は落ちていくようになっています。

効果の高いアドセンスの掲載位置として記事前・記事の間・記事直下がオススメです。