ドロップシッピングは通常のネットショップとどう違う?始める方法、注意点を解説

最近、ネットで良く聞かれる「ドロップシッピング」。アフィリエイトのようなネットビジネスだと聞いたけれど、その内容についてはよく分かっていないという人は多いようです。今回は、特にこのドロップシッピングについて詳細に解説していきます。

  • ネットショップを手軽に始めたい方
  • ドロップシッピングに興味がある方
  • 通常のネットショップ運営を効率化させたい方

などはぜひこの記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

ドロップシッピングのほうが、アフィリエイトよりも遥かに利益が出せるという人も大勢います。

以下にドロップシッピングの特徴を挙げていきます。

 

■ドロップシッピングの特徴

  • 商品の仕入れなしで気軽にネットショップを開ける
  • 売れてから商品を仕入れるのと同じなので、失敗するリスクが少ない
  • ドロップシッピングを始めるには、ドロップシッピングサイトに登録する必要がある
  • ドロップシッピングには、人気商品が品切れになりやすい等のリスクもある

それでは、詳しく解説していきます。

 

ドロップシッピングって何?

ドロップシッピング(=Drop Shipping)は、言葉の意味としては「直送」ですが、本記事でいうドロップシッピングとは、商品の仕入れをしなくても、自分でネットショップを開けるシステムのことです。ネットには、ドロップシッピングサイト(ドロップシッピングASP)が出てきています。このドロップシッピングサイトにある数多くの商品から好きなものを選んで、自分のネットショップで販売します。

商品が売れると、本来なら自分で在庫をピックアップ、梱包作業と納品書や請求書などの書類をまとめ、発送手続きに入ります。
しかし、ドロップシッピングは違います。商品が売れたら、自分は何もしなくても、ドロップシッピングサイトがメーカーや卸業者に連絡を取り、直接、購入者の元に発送してくれます。これがドロップシッピング=直送といわれる理由です。

通常のネットショップとの違い

通常のネットショップでは、商品を仕入れてから、商品が売れて、発送手続きを行います。一方で、ドロップシッピングは、商品が売れると同時に商品の仕入れが行われるイメージです。そして発送はドロップシッピングサイトが手配してくれます。

ドロップシッピングが、リスクの少ないネットビジネスといわれるのは、こういった在庫を抱えなくてもよい仕組みからきています。
先に商品を仕入れる場合、もしも商品が売れなかったときには、仕入れにかかったコストや在庫がそのまま赤字になってしまいます。

ドロップシッピングのように、先に商品が売れてから、商品の仕入れが行われるのであれば、売れずに赤字になるリスクをヘッジできます。商品の売却代金から仕入れの料金を引いた額が、報酬として振り込まれます。

 

■もしもドロップシッピング(http://www.moshimo.com/)

日本で最も大きいドロップシッピングサイト。40万点以上の商品をラインナップしています。食料品から美容、家電、日用雑貨まで豊富に揃っています。
初心者でも気軽にネットショップを始めることができるように、実践ドリルなど様々なビギナー用コンテンツが用意されている点も魅力です。

■通販素材.com(http://shop.tsuhan-sozai.com/)

ベッドやソファ、枕などの寝具、ラックやテーブルといった家具の取り扱いが多いドロップシッピングサイトです。特に寝具が充実していることから、これに関するネットショップを作りたい人におすすめ。既に大きなネットショップを経営している人が、寝具のカテゴリーを充実させるために、通販素材.comを利用することも多くなっています。商品画像やバナーなどの素材も充実しています。
売るためのノウハウページもあるので、初心者にも優しい仕組みです。

 

ネットショップの運営と作成

ドロップシッピングサイトに登録するだけでは、商品を売ることはできません。次に、ネットショップを作る必要があります。

ネットショップを自作するのが難しい方には、簡単にネットショップが持てるショップサーブやスマートフォンにも対応済みのショッピングカート
カラーミーショップがオススメです

 

ネットショップの維持管理

ネットショップを作ったら、それで終わりではありません。売れるコンテンツを提供し続けるための、維持管理が必要になってきます。そのメインは、商品の入れ替えです。商品の人気が落ちてきたり、売り切れや廃盤となったときに、違う商品に差し替えるという作業です。特に商品は、長い間、放っておくと売り切れになってしまいます。
一度売切れになると、同じ商品を売ることはできません。収益に直接関わってきますから、在庫管理は特に重要です。

 

集客を行う

ネットショップだけでなく、どの小売業でもそうですが、そのお店を利用してくださるお客様が集まらなければお店は続いていきません。
そのためには「広告」や「プロモーション」などを行い、集客を行う必要があります。ただ人を集めただけではもちろんだめで、「買っていただく」ような施策を行うことが重要です。
SNSの活用や、SEO対策を行いつつ、効果的なプロモーションを行っていきましょう。
リスティング広告はドロップシッピングと相性が良い集客方法ですが、広告費がかかるのはリスクとして頭に入れておく必要があります。

ドロップシッピングとアフィリエイトの違いは?

ドロップシッピングとアフィリエイトは、非常に少ないコストで始めることができるなど、共通点も多いです。特に両方とも、失敗したときのリスクは極めて少ないです。

違いというと、お金が入ってくる仕組みです。アフィエイトは、アフィリエイトサイトから好みの商材を選んで宣伝します。その商材が購入されたり、契約されたりすると、提携企業からギャランティ(手数料)が支払われるわけです。

ドロップシッピングは、実際に自分のネットショップで商品を販売できます。商品代金から手数料を引かれた金額が、自分の利益となります。

ドロップシッピングの注意点

人気商品が売り切れになりやすい

ドロップシッピングサイトには、数多くの商品が用意されています。しかし、人気の商品となると、かなり絞られてきます。他の利用者と登録する商品が被ることも多くなってくるわけです。

人気の商品は、他の利用者も自分のネットショップで売るために、品切れになりやすくなります。考えている以上に、日々の商品の入れ替えの頻度が多くなります。それを管理するのはちょっと大変です。

 

ドロップシッピングについてまとめ

ドロップシッピングは、特に自分で簡単にネットショップを作って商品を販売できるのが魅力です。確かに、SEOの問題や人気商品の在庫といったデメリットも存在します。
まずは実際にドロップシッピングサイトに登録し、運営を体験してみることが大切です。