投資と利益 稼ぐのではなく「増やす」ことが大切

FXで重要なのは儲けへの評価をどのようにするかという点。FXの初心者は、常に儲けの多い少ないを自分の給料と比較したがります。

しかしFXの利益は給料と比較するものではありません。FXの利益はFXの元手と比較するのが正解です。

あなたが本当に「4000円の元手、1000通貨の取引」で1日600円の利益が出せるとしましょう。

これを言い換えれば、「4万円の元手、1万通貨取引」なら1日6000円、「40万円の元手、10万通貨取引」だとするなら1日6万円の利益となります。

 

元手の何%稼げるかが重要

先ほど言ったように、FXの世界ではいくら稼いでるかというより元手の何%稼げるかが重要です。

なぜならFXで稼げるなら元手は必ず増えるからで、問題はどれくらい早く稼げるかがポイントだからです。

実際に1兆円の資産を持っているのに、1日1万円しか稼げないFXトレーダーがいるとしましょう。このトレーダーの資産は、何十年たっても1兆円から劇的に増えません。

しかし、1000円しか元手を持っていなくとも、1日に2000円稼げるFXトレーダーは理論上はたったの20日で3兆5000万円を稼ぎます。

これはFXや投資のなかで、最も効率的な複利運用という考え方があるからです

先の1兆円や1000円の元手の例で言えば、1日1万円を稼げても1日2000円しか稼げないトレーダーに、数日後には稼ぎで抜かれるかも知れないというわけですね。

それではそろそろまとめましょう。

 

まとめ 「初心者の第一目標」
少しでも儲けをだすこと!

FXトレーダーとして大金を得る場合、元手が少なかろうが取引高が1000通貨だろうが、とにかく稼ぎを出さなければなりません。

逆に言えば、元手が少なくともトレーダーとしての利率さえよければお金はすぐに増えるもの。あるいは、利率が悪くとも利益さえ出せば少しずつでも元手と稼ぎは増えていきます。

しかし最も問題なのは、稼ぎのでないトレーダー。その場合、元手が多いほど損失は大きくなります。

いずれにせよ、少なくとも稼ぐ能力を養うためにもFX初心者にとっては1000通貨がおすすめです。